大学生の酒と飯とツーリング

福岡の大学生北ピクが日々言いたいことを言うとこ

身の上話 その3 〜楽しむ奴が最強〜

 

 その2の続きです。

 

研究室生活に疲れ、鈍った思考で自殺に思い至った筆者ですが、四年生ということもあり、サークルでは後輩に教える立場でした。研究室が早く終わればサークルに行ける日も少しはあり、チームでイベントに向けて練習もしていました。

チームで一緒にやってきた同い年の女の子とイベントの準備をする中で、お互い酒好きということもありたまに2人で飲んでいると、最近学校はどう?という話題に。

酔っていたこともあり、研究室が辛いということをかなり話しました。彼女は共感してくれ、どうしようもないことからは逃げてもいいんじゃないかと言ってくれました。

この時に「もっと頑張ってみたらどうか」などと言われていたら確実に死んでいたと思います。

そして、イベントの練習を深夜に行った時があり、後輩達のキラキラした顔、同期の頑張りを見て、その練習がとても楽しかったのを覚えています。あの時に「このイベントをやり遂げたい」と思えたのが自殺を思い直す一番のきっかけになりました。

 

このイベントをやりきりたいという思いで、現状をなんとかしようと自分の学年の担当に研究室を移りたい旨を伝え、なんとか元々の研究室を抜け出して今の研究室に当たるというわけです。

現在は進化や遺伝を扱う研究室で研究をしています。基本的に自分のペースで研究ができるので、心と体をゆっくり休めることができました。

本気で自殺に思い至り、自分の好きなことを楽しむということを思い出し、なんとか立ち直った経験から、これからの人生の選択における自分の中の芯が見えたような気がしました。

 

世界的に見ても日本の自殺者は異常な数で、厳しい上下関係、過酷な労働状況、また出る杭は打たれる文化がこんな異常な数を出していると思います。どんなに人生がうまく行っていると思っても、一度つまずいただけで先が見えなくなり、どんどん思考が狭くなって死んだ方が楽だと考えてしまう。これは一度この思考に陥らないとわからないと思いますが、こうなってしまうと本当に死ぬことが最善だと思えてしまいます。そんな人を助けられるのは親身に話を聞いて道を示してあげられる人です。

最近あの人見ないな、無理してそうだな、寝てないのかな、と思う人がいたら、どうか連絡をとったり声をかけてあげてほしいです。

 

あの時死んでいたら今の楽しさは絶対に知れなかった。

死んでしまいたいその時を乗り切れば、絶対に死ななくてよかったと思う時が来ますから。

 

どうか自殺がなくなりますように

身の上話 その2 〜その「頑張ろう」は「辛いことの我慢を頑張ろう」〜

 あまりいい記憶ではないので書き渋っていてかなり時間が空いてしまいましたが久々の更新です。

その1で私の研究室生活の一端をお話ししましたが、もう少し続けます。

研究室では、セミナーというものがあり、だいたいは週に一度、研究室のメンバーで集まって研究の進捗や論文の発表を行います。しかし、その1で書いた通り、先輩方は就活で出払っているので先輩方のセミナー発表を聞く機会はありませんでした。なので、教授から論文を渡され、再来週その論文について発表しろと言われても当然何をすればいいのかわかりませんでした。

それでも英語で書かれた論文を必死に読み、自分なりにまとめて最初の発表に挑みました。

しかし、論文の背景を説明しようとすると、「その論文は教授が著者なのでバックグラウンドの説明は必要ない、発表の構成をやり直せ」と言われ、図1に達する前に発表を打ち切られてしまいました。

 そんな調子で2回目の発表も少し進んだところで打ち切り。

3回目でやっと終わりました。それでも発表中に何度も怒鳴られ、教授は納得のいっていないようでした。

 

当然日々の実験もあるので朝から晩まで研究室にこもりっきりです。サークルにも行けなくなりバイトは土曜しかできない、彼女は就活でほとんど会えない。唯一の癒しは昼に友達と学食で食べるくらいでした。

しかし、研究室に戻ればまた1人。そんな生活の中である異変に気づきます。夜になっても全然眠れなくなっていました。明日が来るとまた研究室に行かなければならないという気持ちが睡眠欲を遠ざけていたのかもしれません。だんだんと眠りにつける時間が3時、4時、5時と遅れていき、別の研究室に移る2.3週間前には夜はほとんど眠れず、朝に少しうとうとして研究室にいき、準備をして昼にデスクで30分ほど寝るという生活を続けていました。

眠らない生活を続けると判断力が低下し、研究でもミスが増え、記憶力も落ちていました。なんとか頑張ろうと思ったのですが、もはや嫌なことの我慢を頑張っている状態になっており、四ヶ月目にして初めて研究室をサボりました。

大学院のことで親と相談するとかなんとか言い訳して部屋にこもりました。

 

今でも不思議なのですが、あの時は死ぬ以外のことが考えられませんでした。暇さえあれば苦痛はできるだけ少なく、迷惑をかけずに死ぬ方法を探していました。

そしてたどり着いたのが一酸化炭素中毒による自殺です。

詳しい方法は省きますが、部屋は借りアパートなので迷惑のかからない場所でやる予定でした。

サボった日に通販で必要なものを買い、同時にささやかながら死ぬ前に美味しいものを飲んで食おうと思って高い酒と美味しい肉を買いました。

 

今回は一旦ここまで、あなたの頑張ろうは我慢を頑張ってるだけじゃないですか?

 

その3に続く

身の上話 その1 〜不機嫌な上司ほど職場の雰囲気悪くするものはない〜

 

どうも\\٩(๑`ω´๑)۶////

夏風邪をひいた上にバイト続きで久々の更新となるので少し身の上話をしましょう。

 

私は福岡の某国公立大学の四年生です。生物を専攻しており、脳を扱う研究室でトレーニングを積み、卒業後は東京の大学院に進んで大学や企業での研究職を目指すつもりでした。さらに、1年生のころクラスとサークルが同じだった彼女と三年間付き合い、堅実に生きるこの子となら将来やっていけそうだと結婚も視野に入れてお付き合いしていました。

しかし、現在はその神経の研究室から、進化遺伝を扱う研究室に移り、三年付き合った彼女とも別れ、卒業後は海外を1年ほど旅しようなどと考えています。

 

国公立大学に入学し、自分の好きな研究をし、東京に出て働き、将来を約束した愛する人もいた。

割と成功とも言える人生を着実に歩んでいたのですが、何故、それら全てを諦めたのか。

北ピクに何が起きたのかというと、簡単に言ってしまえば、「研究が辛くなった」

これに尽きます。

詳しく言っていきましょう。

私が配属された研究室の構成は、教授(私が大学院に進む時には退官)、准教授、助教授、大学院2年生が4人(いずれも就職希望)、そこに学部四年生として私が1人だけ配属されていました。教授は学科でも最も厳しい教授で、その研究室は人気がなかったのですが、脳を扱っている研究室は学科内ではここしかなく、また、私も自分のやりたいことならば何とか頑張れるだろうと思い、配属を希望しました。

配属は2月にほぼ確定し、そこで言われたのが、4年になる前の3月から研修を始める。とのことでした。通常の就職活動は当然できません。そして先輩方はみんな就職活動で出払っているので、教授陣に直接トレーニングを受けることに。

そして、試薬の作り方や、解剖の仕方など、実験のメソッドを習ううちに段々と闇にはまっていきます。

まず、教授はすぐに怒鳴ります。少し機嫌が悪くなった時の語気の強さがいきなり跳ね上がる上に、基本的に機嫌が悪い。しかも、自分のやり方でないと納得しないので、私が授業で習った器具の扱い方をかなり変えさせられました。そして、新しいことを覚えたので、当然私もミスをします。その度にガミガミ怒鳴られ、そしてタチの悪いことにその日の機嫌によって言ってることが少し変わるんですね。

試薬を注ぐ時に薬瓶の底を作業台に付けるか付けないか、などの細かいことを怒鳴られます。当初は私も何とか身に付けようと必死でしたのですが、怒鳴られるというのはどうしようもなく恐ろしいので、段々と日々の目的が「実験の成功」よりも「いかに怒鳴られないか」に変わっていき、教授が見ている前では慣れた作業でも手が震えるほどでした。

最初は実験はほとんどが失敗でした。

脳のスライスに電流を与え、脳波を見る実験だったのですが、先輩に実際に実験を見せてもらっていないので最初はそもそも何が成功なのかもわからなかったし、気をつけるべきポイントは大量にあるのですが、それら全てを網羅できていないし、教授もずっと見ているわけではないので随時アドバイスはもらえない。

 

わからないことはなんでも聞けと言われていたのですが、本来は先輩方に聞くところを教授に聞かなければならないので、敷居が高い上に「俺は忙しい」と教授に断言されていてはなかなか教授室のドアを叩けません。そして、いざアドバイスをもらいに行っても「こんなこともわからないのか」「何々は確認したのか」「記録はつけているか」と確認され、ミスがあったならば怒鳴られる。

そして、朝は9時に来て準備、実験をしてデータをまとめて帰るのは遅いと22時なんて日もある生活が平日はずっと続きます。

 

ここで今回のサブタイトルに戻るのですが、上の立場の人間が不機嫌で近寄りがたいとその下に付く人間はたまったものじゃないですね。

 

その2に続く

 

 

 

唐津ーリング

 

ツーリングしたり酒が好きだったりということで私が理系だと言うとたまに驚かれるのですが、一応理学部で生物系を専攻しておりまして、神経を扱う研究室と進化遺伝の研究室を渡り歩いております( ̄ω ̄;)

 

私が所属する生物学クラスの50人に、バイク持ちは私を含めて5人おり、そのうちの3人でいつも遊んでいて、ツーリングもクラスで行こうとなると、この3人です。

 

ということで、その3人にタンデマー1人加えた4人で佐賀県唐津に魚を食べに行ってきました╰(*´ω`*)╯

糸島から唐津への道はずっと海沿いでそこまで渋滞することもなく、軽く出かけるには最高のロケーションなんですね〜

平日なのでそれぞれ研究室が終わる16:30過ぎに大学の駐輪場に集合。よく晴れたツーリング日和で気持ちよく西に進みます。糸島の西側海沿いを抜けて虹の松原へ、毎度のごとく鏡山へ突入(=゚ω゚)ノ

メンバーの1人はV-Twin magnaなので鏡山の曲がりくねった道はきつそうでした。

私も後ろに人が乗っているのでバルカンのエンジンに悲鳴を上げさせながら登ります。

 

先頭を走るCB400は楽しそう。。。

 

なんとか頂上に到着!!

f:id:KiT4PiKU:20170802142404j:image

あらためてバルカンのフロントフォーク長いですねΣ( ̄ω ̄ノ)ノ

 f:id:KiT4PiKU:20170805155350j:image

 

毎度いい景色をありがとうございます。

それにしても風が強くてみんな髪が大半なことになりました。

f:id:KiT4PiKU:20170805155629j:image

男4人なのでひとしきり景色を見るとそそくさと退散(ーωー;)

 

鏡山を降りて202号線で右に曲がり、しばらく行くと目的の漁師村へ到着。

広い駐車場で楽々駐輪でした。

入ってすぐにレジとお土産?が置いてあり、正面にはいけすもあってイカが泳いでいました。

店内はテーブルと掘りごたつの座敷があり、かなり広々としています。

テーブルについてそれぞれ注文。

私はマグロの陶板焼きセットを頼みました。

f:id:KiT4PiKU:20170805160128j:image

これで2380円ですからかなりお得( ^ω^ )

CB400の彼は刺し盛り定食

f:id:KiT4PiKU:20170805160237j:image

他にも海鮮丼や煮物もあり、これは他のメニューを食べに確実にもう一度来ますね。

 

食べ終わってのんびりすると19:30。大濠公園の花火大会にでも行こうかなと思っていたのですが確実に無理ですね。。。

私のタンデマーは自転車を学校に置いてるらしく学校に戻ります。

20:30ごろに学校に着き、あたりは真っ暗。

f:id:KiT4PiKU:20170805160906j:image

というわけで唐津プチツーリングでした。

 

では、無事故無違反でさようなら✌︎('ω'✌︎ )

 

 

ソルティドッグ

 

気のおけない友達や結婚相手など、深く関わる人との相性を決める要因として「衣食住のどれに重きをおくか」というものがある。という話を友達としました。

 

衣はそのまま衣服やアクセサリー、広く見るとSNSなどの自分から発する要素。

食は毎日の食事や、特別な食事の要素。

住は住む家やその内装、どこに住むか等の環境の要素。

 

私は断然、食に重きを置いています。うまい酒とうまい飯は人生を豊かにすると思っていますし、そのためならば普通の人よりはお金を払います。

ということで、美食家の友達と中洲で朝まで飲み倒してきました。

5軒ほどはしごして一番印象に残ってたのが「Bar Heart Strings」のソルティドッグでした。

バーのレベルを知るにはジントニックを頼めと言われますが、友達が頼んじゃったので、同じジン系列、かつ私が最も好きなカクテルでもあるソルティドッグをいただきました。

f:id:KiT4PiKU:20170801104312j:image

一杯1000円以上と学生にはハードルの高いお店ですが、一度本格的なバーに来たかったので味が楽しみ

(〃ω〃)

 

グラスの淵の塩と一緒に一口いただくと、すぐに普通のソルティドッグとは違うことがわかりました。

ジンの爽やかな香りにのってグレープフルーツの甘みが入って来て、全くの雑味を感じません。

塩加減もちょうどよく、よりグレープフルーツの甘みを引き立たせます。

 

こんなに美味しいソルティドッグは初めてでした。

結局2人で1万円以上飲みました_:(´ω`」 ∠):

 

ラフな格好でしたが最高におもてなししてくれたHeart Stringsさんに感謝\(//ω//)\

オムライス

 

実は私、ゆで卵と目玉焼きが大嫌いで小さい頃からどうしても食べられませんでした。

しかし、オムレツや卵スープ、炒飯に入ってる卵、またまた、すき焼きなどを生卵に付けて食べるのは全く気にならないんですね(*´ω`*)

白身や黄身がそれぞれ固まると臭くなってダメだったんですよね。

と言うわけで、自炊始めてからオムレツ、オムライスはずっと練習してきました。

今回は久しぶりにオムライスをってみました。

f:id:KiT4PiKU:20170727153633j:image

ソースは冷食のハンバーグについてたデミグラスソースです。

あり合わせで作ったので具はベーコン、ピーマン、玉ねぎ、にんにく、それらをケチャップと塩でまとめた簡単なベーコンライスに卵3つにマヨネーズと水を少し足して混ぜフライパンでフワトロに仕上げたものをのせ、ソースとブラックペッパーで完成(//ω//)

 

チキンライスを作るときに失敗しがちなのが、ご飯に直接ケチャップをかけてしまってべちゃべちゃになってしまうこと。具材に火を通したら、先にケチャップを入れてケチャップの水を飛ばしてからご飯と絡めましょう。

卵を焼く時は火が入って固まった部分を切るように混ぜながら加熱し、全体的に半熟で卵の液体が残っている状態で火を止め、余熱で残りの液体を固めればフワトロに仕上がります。

 

f:id:KiT4PiKU:20170728122850j:image

久しぶりに作ったけどなんとか成功(≧ω≦)

美味しくいただきました。

 

サッポロ YEBISU

「好きなビール」というのは酒の席でよく話題になりますが、ジャパニーズビールに限るのなら、私はサッポロのYEBISUを推しますね(*≧ω≦*)

f:id:KiT4PiKU:20170724104210j:image

ちょっと自宅がかなり写り込んでますがお気になさらず。。。

この時は友達と2人で映画を見ながらいただきました。大学生なら発泡酒でも飲んどけなんていう無粋なことは言わず、美味しいものを楽しみましょう。

ビールといえば、個人的にサントリープレモルと比べてしまうのですが、プレモルに比べてヱビスはより苦味があるように感じます。

なので、汗かいて身体動かして喉乾いた〜って時はプレモルがいいのですが、お酒を楽しみたいし一杯目はやっぱりビールかなって時はヱビスを選んでしまいますね

( ´ω`)

 

今度は後ろに写り込んでる余市についても書こうかな〜

もう一本の瓶は酒好きならわかるかも。有名なあれですよ(*´ω`*)

 

ではこの辺で。

ヱビス様〜達者でな〜